ジュエリーのお守り効果を求めて 幸せを呼ぶラッキーモチーフが人気上昇

新型コロナの影響で、防ぎようのない災厄から身を守りたいという思いからか、
ジュエリーにもお守りをイメージするタイプのものに人気が出ています。

もともと誕生石をあしらったものやイニシャルをかたどったもの、
四つ葉のクローバーなどのラッキーアイテムにはベーシックな人気がありますが、
メッセージ入りや魔除けのモチーフなど、
見えない不安と戦うための心の支えとなるようなジュエリーが
求められているように感じます。

 

リフォームで叶える
世界で一つのお守りジュエリー

お手持ちのジュエリーの中に、何年も使わずにしまったままのものがあるなら
この機会にリフォームしてみるのはいかがでしょう。
誕生石やラッキーモチーフを取り入れたり、
ご自身と家族のイニシャルをかたどったりして願いを込め、
世界で一つのオリジナルジュエリーに仕立て肌身に着ければ、
きっとあなたを守ってくれるはずです。

この世でもっとも硬い物質には
災いを跳ね返す力もある
ご主人から贈られたダイヤモンドの婚約指輪。
大切にしているけれどなかなか着ける機会がなくてしまいっぱなし、
という方は意外と多いようです。
私たちのところに依頼されるジュエリーリフォームの多くが
婚約指輪の作りかえです。

立爪ダイヤのリフォーム 人気TOP10<リング編>

立爪ダイヤのリフォーム人気TOP10〈ペンダント編〉

立て爪のリングはダイヤモンドが美しく輝くデザインではあるものの
お洋服や持ち物に引っかかるため普段使いはしにくいためです。
ダイヤモンドの輝きはそのままに、引っかかりのないデザインへの変更や
ペンダントにして楽しむ方法を、私たちはご提案しています。
ダイヤモンドの不思議なパワーを身につけていれば、
悪いことも跳ね返してくれるような気がします。

昔ながらの言い伝え
ラッキーモチーフに守られたい

四つ葉のクローバー…4枚の葉にはそれぞれ「愛情」「富」「幸運」「健康」を引き寄せる力があると言われています。

ホースシュー…ホースシューとは馬の蹄を守るために打たれる蹄鉄の形。馬は豊かさの象徴とされ、U字型に幸運が舞い込むと言われています。

スター…星は「健康」と「富」を象徴し、その輝きから幸せに導く力があるとされ、古くから魔除けとして使われてきたモチーフです。

リボン…数多くのジュエリーのモチーフとなっているリボンが表すのは「絆」。結ぶ、束ねるアイテムとして広く愛されています。

カエル…日本では「無事帰る」「お金がかえる」と言い、あちこちの神社やお寺のお守りにも採用されているカエルですが、ヨーロッパでもカエルは卵をたくさん産むことから豊かさの象徴とされています。

日本古来の厄除けは
海外でも魔除けの歴史があった
日本では真珠は「七色の長いもの」が身を守るとして厄年の女性に贈られます。
サンゴもまた魔除けのために身につける習慣がありますね。
海外でも真珠やサンゴはとくに海難除けとして
航海のお守りに携帯されたということです。

ジュエリーはもともと魔除けや願い事を込めて身につけられてきた歴史があります。
素材やモチーフには一つ一つ意味があり、
難を逃れて幸せに暮らすための切実な思いが込められてきました。
現代でもジュエリーが幸運のシンボルであることに変わりはありません。
お届けするすべてのジュエリーに幸せが宿りますように、
私たちはそう願っています。