立爪ダイヤをTWINKLE3にリフォーム

ひと昔以前のトレンドであった立爪の婚約指輪。
結婚のシンボルとして君臨していた、
そそり立つようなダイヤモンドの婚約指輪ですが、
実際に着用するとなると、お洋服や持ち物に引っかかってとても使いづらく、
普段使いにはほど遠い存在となっていることが多いようです。
もともと立爪デザインは、ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すため、
あらゆる角度から効率的に光を取り込む設計なのです。

このデザインは立派なダイヤモンドをさらに大きく見せ、
より一層引き立てる役割も果たしていますが、
あちこちに当たって日常生活には不向きなことこの上ありません。
私たちのところでリフォームされるジュエリーの
もっとも数多い事例が立爪のエンゲージリングなのです。

 

一番人気は、
婚約指輪からネックレスへのリフォーム

婚約指輪のリフォームでご要望の多いのは、
ペンダントネックレスへのリフォームです。

ダイヤモンドの大きさを生かしたひと粒タイプのシンプルなものや
メレダイヤやカラーストーンを加えて華やかに仕立てたものなど、
数かぎりないデザインアレンジがありますが、
今回はその中でも人気のTWINKLE3セッティングのネックレスをご紹介します。

 

かすかな動きで無限の輝き
TWINKLE3

TWINKLE3というのは、特殊なセッティングで石を留め、
わずかな動きを振動エネルギーに変えてきらめきを生み出す仕組みのこと。
呼吸するかすかな動きにも反応し、
3方向に揺れるダイヤモンドがきらめきを生むというシステムです。
ダイヤモンドはそのカッティングによって
光を最高に放つように計算されています。

TWINKLE3は振動を味方につけ、虹色にに光を反射する、
いわば「電源のいらない照明装置」ともいえるもの。
胸元でつねにキラキラと輝いて光を反射してくれるので、
お顔を明るく照らすレフ板効果があるのです。

 

どんなファッションにも映える
シンプルなデザイン

TWINKLE3の構造は、
メインストーンを3方向に動く特殊な石留めをし、外枠で石をカバーする安心仕様です。

ひと粒ダイヤを生かすシンプルなデザインのものが多いので
どんなファッションにも合わせやすく、
オフィスからパーティーまで幅広いシーンでお使いいただけます。

カジュアルなシャツスタイルも確実にクラスアップしてくれる
TWINKLE3のリフォームペンダントを
ぜひお楽しみいただきたいと思います。